初心者でも稼げるバイナリ―オプション【alberguecampingelchorro】

- 大損は逆にヒントを得るためのチャンス

大損は逆にヒントを得るためのチャンス

あるビジネスで成功した人は、なかなか面白い事をおっしゃっています。その人はビジネスで苦戦をした経験があるそうなのです。そしてその過程で難関に当たってしまい、ビジネスの行き詰まりに陥ってしまった事もあるそうです。

ところで行き詰まりというのは、チャンスなのだそうです。普通に考えると、行き詰まりというのはなす術なしと考えられるかもしれません。ですが上記の成功者は、そういう時に限ってむしろチャンスという事が多いのだそうです。
それはFX取引が非常に良い例ではないでしょうか。

多くの人は大きな損失が発生してしまうと、それによってる再起不能と考えるものです。しかしながらよくよく考えてみると、その大きな損を発生させた手順と「逆」の事を考えるべきなのです。逆の行動をしていれば、大きな利益を獲得できていたわけです。
例えば外貨を買って、損失が発生したとします。相場の急落によって損失が発生したという事は、よくある話です。

逆に考えると、その時に売り注文をしていれば大きな利益が発生していたかもしれないのです。という事は大きな損をした時は、逆にヒントを得るためのチャンスという解釈もできるわけです。
このように物事を前向きに考えられるという姿勢は、やはり為替取引では重要な事だと考えております。
過去に何回か取引をしているなら、一度や二度は大きな損失が発生していると思います。その損失と逆の事をすれば大きな利益なのですが、それは「どういう考え方に基づくものか」を考えるべきなのです。大抵はダマシが関係してくるものですが。
同じ過ちを何度も繰り返し、何度も大損する事は避けるようにしたいものです。

商品の比較をする行動とFX取引でリスク回避する事が似ている

為替取引のリスク回避というのは、我々が普段から行っている行動と大きく結びついているものです。最も身近な行動の一例は、どこかのお店に買い物に行く時だと思います。
特にインターネットで買い物をする時などには、リスク回避と大きな関係が有ると思っております。インターネットで買い物をする時は、色々と商品の比較検討をする事も必要なものです。インターネットで商品を調べると、それぞれの商品のスペックなどが書かれているものです。店に足を運んで商品を比較するよりも、商品の比較やりやすい一面もあるわけです。

この商品の比較をするというのは、FX取引【http://binaryoption-fisar.com/】でのリスク回避する事と似ています。商品の比較をする行動は、無意識の内に無駄な買い物は避ける事に関係します。
せっかく何か商品を買ったのに「他の店の商品を見てみたら、もっと安く買える筈だった」という事例は非常に多いものです。それを避けるためにも、我々は無意識の内に比較検討をしている訳です。

この「他の店の商品を見てみたら、もっと安く買える」というのは、FX取引にも共通した点があると思っております。無駄な買い物をしてしまったというのは、FX取引での損失につながっていると思います。新規で注文をする時などは、無駄な買い物か否かをよく考える必要が有ると思います。

FX取引で普段からリスクの事を考えておくのは必要ですが、それは衝動買いなどによる無駄な買い物を防ぐ事にもつながっている訳です。買い物に計画性を持たせると支出は減らせるものですが、FXでも計画性は大事かなと考えている次第です。

みずほ証券:みずほFX
みずほ証券:みずほFX)